あがり症である多くの方はその症状として、とにかく緊張が抑えられないと口を揃えて言うようです。緊張することにはいろいろなことがありますが、人前で話すことや字を書くこと、食事をすることなど、緊張するとたちまち落ち着きがなくなり、自分がコントローできなくなることに悩んでいるようです。
しかし、誰でも人前で何かをするときは緊張するもので、あがり症でなくても気はあがります。かがり症の方はこの緊張が他に方よりも過剰に反応することにあって、気持ちの上で自分をコントロールすることが困難になることです。
ある人は人前で唱ったり踊ったりすることが、全く平気な方もいます。このような方とあがり症の方とは、何が違うのでしょうか。
あがり症の方は、多くの人の前では恐怖心や強い不安、また羞恥心が強く出て、自分が今している振る舞いに失敗はないか、また他人に迷惑を掛けていないか、さまざまなことに悩んで緊張します。
このような方があがり症にならないためには、あがり症で起こる緊張や恐怖心を考えずに切り替えて、「失敗して大丈夫」とある程度開き直った考えで振る舞えば、落ち着いた行動を取ることができるかも知れません。
あがり症でない方が人前で平気に歌が歌うことができるのは、この様はある程度開き直った考えができるからかも知れません。
あがり症は、あることもない強い思い込みであがり症になるケースもあります。この強い思い込みを取り去り、意識を変えることで次第にあがり症は改善できるでしょう。
あがり症を克服するまでは、上手く付き合うことが大切で、人前で失敗しても次の機会に生かそうと思う前向きな考えが、あがり症克服にプラス志向になります。

スポンサードリンク