社会人になるとあがり症はとても困った悩みになります。会社の中では大勢の人の前で話す機会も多く、会議で質問の時の発言や、プレゼンテーションなどで説明をしなければならないときなど、いろいろな話す場面があります。
人の前で話す機会は会議などの場合だけではなく、営業の場合なら得意先との商談などで人と会う機会も多く、人と逢うことに慣れないときは緊張が続きます。
社会人にとって人とのコミュニケーションはとても大切なことで、あがり症でなくても初めは上手く振る舞えないことも多いでしょう。しかし、初めのうちは特に気にすることはありません。また最初の時に上手く話すことができないからといって、あがり症と判断しなくてもよいです。
社会人になったばかりの時は、いろいろなことがスムーズに行かないことから、少し自信をなくすこともあるでしょうが、時間が経つと共に大体のことは解決するでしょう。
しかし、新人社員でなくキャリアの積んだ社員が、会議で上手く質問できなかったり、プレゼンテーションで上手く説明ができないなど、全くあがってしまってしっかりとしたことができなければ社員としての資質が疑われます。さらに、大切なビジネスチャンスを逃すことにもなります。
社会人としては、あがり症であることをいつまでも持ち続けていると、会社のためにもその方個人のためにもよくありません。早めの改善が要求されます。
あがり症の改善のためのビジネススクールなども開かれていますので、参加されうことをオススメします。また、スピーチや話し上手になるための教室も開かれていますので、自分のキャリアを磨くためにも参加されては如何でしょう。

スポンサードリンク