あがり症は学生の頃にあたる思春期の頃から始まる方が多いようです。
あがり症が思春期頃から始まる理由は、ある程度精神的に発達していなければ、あがり症の原因となる緊張や不安といった感情が未発達なために、あがり症という症状は現れません。
つまり、顔が赤くなるような赤面という症状や、人前で緊張するといった感情もありませんので、あがり症は起こりません。
ある程度精神的に成長したことで、大人になったことの証でもあり、また、あがり症になることに悩み、あがり症の症状を改善したいと願います。
学生の頃にあるあがり症の症状についてご紹介します。
学生の時のあがり症についての悩みは、学校生活での悩みが多くなります。授業中に朗読をするように言われたときに、あがってしまって上手く朗読ができな場合や、文化祭などの演劇で声が震えて上手くできない場合や、テストになると緊張して、不安なら回答できる問題も緊張して答えられないといったことがあります。
また、学生のときにあがり症で困ることは、入試の時の面接や、就職の時の面接があります。学生の時は周りの人から良く思われたいという気持ちが強く、普段から余計に緊張しています。学生の時はまだ社会に出ていないので、経験不足もあり一回の失敗がいつまでも残る傾向にあります。そしてこの失敗がトラウマとなってあがり症になることもあります。
学生のためのあがり症の相談を受けている学校がありますが、その数はあまり多くありません。あがり症sを克服するためには、社会に出ることもよい方法で、多くの人と交わることでいろいろなことを経験することから、自分に自信を付けることであがり症になっていても克服することができます。

スポンサードリンク