あがり症の方にはそれぞれに原因があります。あがり症の原因と考えられる交換神経の影響を受けやすい方もいれば、精神的に耕耘しやすい方もおられます。
このように原因がハッキリしている方もいれば、これといった思い当たる原因が無く、あがり症の症状が現れる方がいます。
このような方があがり症になる原因は、とても強い極度の思い込みが原因になります。
あがり症でない方でも、大勢の人の前でスピーチをするとなると、程度には個人差がありますが、ほとんどの方は緊張して多少なりあがります。
あがり症の方になると、あがり症の症状が過剰に起こりますが、「人前に立つとあがってしまうに違いない」と、自己暗示を無意識のうちに掛けています。
この自己暗示は、催眠術を掛けているかのように自己の意識を変えて、あがり症でなくてもあがり症の症状に陥ってしまいます。
あがり症は周囲の環境にも左右されます。スピーチの参加者が直前に緊張しているのを見て、自分がその影響を受けて緊張することがあります。いわゆる他の方の緊張が移るという症状で、この場合は自分はあがり症ではないと暗示を掛けることで克服できます。
あがり症はいろいろなことが影響して、風邪が伝染してうつるかのように、周囲の人の影響や周囲の環境から影響する場合などありますので、そのようなときは自分が成功しているイメージを想像して気分を切り替えて、あがり症に対処しましょう。

スポンサードリンク