あがり症の症状が酷い場合には、その治療法として薬物を使った治療が行われます。しかし、あがり症を薬物で完治することは出来ず、あがり症の克服を始めるきっかけとして、薬物を使うという考えで投与します。その理由は、薬物であがり症の症状の緩和は期待できても、根本的な改善には繋がらないからです。また、薬物を使用するとあがり症の症状が改善すると錯覚うするようになり、薬物への依存が高くなり日常的に服用するようになる可能性がありますので、服用には充分な注意が必要です。
あがり症の症状の改善に使われる薬物は、精神安定剤や向精神薬、β遮断薬(βブロッカー)などが使われます。
これらの治療薬は医師の診断がなければ処方されない、使用には十分注意が必要なものが多く、また、副作用についてもちゃんと理解しておく必要があります。
あがり症の症状は緩和できても、副作用による対象不良を起こしては治療の意味がありません。副作用には眠気を起こすものもあります。また、軽い目まいや血糖値を上昇させるものもありますので、服用するタイミングや他に持病を持っている方には、医師と服用に際して十分な相談が大切になります。特に妊婦や心臓病を持っている方に、できれば使用しないことが望ましいです。
あがり症の治療薬として服用する薬物は、使用に際して十分な注意が必要で、薬物依存にならないように注意が必要です。

スポンサードリンク