あがり症の治療薬として使われるβ遮断薬についてご紹介します。
β遮断薬はもともと、心筋梗塞や不整脈、高血圧の治療に使われる薬ですが、あがり症の治療薬としても効果があるとして使われるようになりました。β遮断薬はあがり症の方には、その症状の動悸や震え、発汗に抑制する効果があり多く使われています。
β遮断薬は身体の器官にあるβ受容体に働きかけて、あがり症の症状が出るときに分泌されるノルアドレナリンなどの神経伝達物質を、β受容体から遮断する作用をします。
このようにノルアドレナリンなどの神経伝達物質を遮断することで、あがり症の症状を緩和します。
β遮断薬のあがり症の治療薬としての最大のメリットは優れた即効性です。効果は服用後、およそ1時間で効き始め、その後数時間にわたり効果は持続します。あがり症の症状が出ると想像さる少し前に服用することで、症状を緩和することが期待できます。
また、定期的に服用することで少しずつあがり症の症状を克服することが可能です。
ただ服用に際しての注意点としては、あがり症の症状が克服できるほどの高い期待ができますので、日常的に服用してしまう依存性が高くなります。
薬を服用していれば、あがり症の症状が出ないと考えるようになり、日常的に常用性が高くなると、必要のないときにも服用しなければ精神的に不安になるような状態になります。
服用に際しては、過剰に服用しないように注意しなければなりません。
また、β遮断薬は喘息や心臓障害の治療薬との服用が禁止されていますので、現在服用している薬があれば、その薬を医師に告げて服用に際しての指示に従いましょう。

スポンサードリンク