あがり症を専門の医療機関で治療しようと考えると、あがり症は心療内科や精神科で受診することになります。そうすると心療内科や精神科を備えた、大きな病院などの医療機関になります。
あがり症を心療内科で受診する場合は、あがり症によって何かの症状が出た場合に受診します。
心療内科で受診する場合の症状は、ストレスから発疹の症状が出た場合や、胃腸の調子が悪くなった場合に受診します。この他にも、多汗症や過敏性腸症候群、過食症、夜尿症、月経前緊張症などの治療も、心療内科で受診します。
またこれらの症状を総称して心身症ということが多く、内科で血液検査を行ってから心の診察を行います。あがり症から現れる症状が酷い場合は、心療内科で受診しましょう。
あがり症の症状を根本的な原因から改善するには、精神科で受診します。精神科はうつ病や神経症などの病気を診察する所で、以前から精神科の受診に対しては偏見がありますが、現在においては「精神病は心の風邪」といわれているよううに、誰にでも発症の恐れのある病気とされ、精神科に対する考え方も変わってきました。
精神科と処方する薬物場よく似ていて、併設する医療機関も多い診療科が神経科です。また、あがり症の診察を神経科で診る所もあります。
概ねどの診療科でもあがり症の診察は、医師が患者の症状や状態得お問診して、最も良い治療法が選択されます。そして必要であれば投薬をしますが、必要がなければカウンセリングを行い、症状の改善や治療を行います。

スポンサードリンク