あがり症の克服法に催眠療法があります。この催眠療法についてご紹介します。
催眠療法は、精神的な疾患の治療や強いトラウマに悩まされている方の治療に行われていて、よくTVなどでも紹介されています。この催眠療法をあがり症の治療に採用する方法が催眠療法です。あがり症の催眠療法は、患者を催眠状態にして意識の奥深い潜在意識に暗示を掛けて治療を行います。
催眠療法は、人を無意識に操るような催眠術ではなく、医療として確立した催眠治療法で、催眠術は催眠療法士が行います。
催眠療法は、まず、楽な姿勢で座れる椅子に座り、呼吸法や筋肉弛緩法を同時に行いながら、気持ちをリラックスさせて催眠状態へ導いていきます。この時の催眠状態とは、身体と意識は休んでいる状態ですが、心の奥底の潜在意識は活動している状態を言います。
この時の患者は、半ば眠っている状態で、このまま催眠状態が深くなると、催眠療法士の暗示にかかりやすくなります。
そして、あがり症である「人の前ではあがらない」と暗示を掛けて、大勢の人の前でも、たくさんの人に注目されていても緊張や興奮しないように暗示を掛けます。
あがり症の催眠療法は、その原因が心的なことに原因がある場合や、強い思い込みによって起こる場合に効果的で、催眠状態で暗示を掛けることで、これまでの意識や強い思い込みを克服する方法です。
薬物療法で改善が診られなかった場合に行う方法として効果的と考えられています。

スポンサードリンク