あがり症の克服法に認知療法という方法があります。この方法についてご紹介します。
あがり症の認知療法は、あがり症になった時のことを記録し、これを客観的に分析をしてその原因を探り、あがってしまう原因となる思い込みを頭の中らか外して、克服する方法です。
あがり症の認知療法の手順は、あがり症になった時のことを思い出して、そのときに感じたことやそのときの気持ち、考え方をメモなどで記録します。そして、そのときの自分はどのような傾向の意識があるのか考えます。
この時の考えで多いことは、スピーチでは上手く話せないので話し下手だと思われたり、知識不足で説明できないのだと他の人に思われているのではないかと考え、この思い込みがさらに余計な緊張をさせて、さらにあがり症の症状を重くしているようです。
また、気の利いた言葉で説明できるか試されているから、質問してくるのではないかと思い込むこともあります。
このように思い込みを検証したら、あがり症がなぜ起こるのか先程の分析を元に、あがる思い込みを修正していきます。
あがり症の思い込みはとても強いもので、この思い込みが強い自己暗示を掛け、あがり症を酷くすることもあり、これを修正するにはかなりの時間がかかります。しかし、この思い込みを修正することが根本的な改善に繋がりますので、心理面の克服が行えます。
あがり症の克服法として、認知療法を継続してみましょう。

スポンサードリンク