あがり症にはこれを落ちつかせるために深呼吸が良いと言います。深呼吸は気を落ち着かせる時やあがっている気持ちを落ち着かせる時に効果的です。
あがり症の症状では自律神経が乱れることでドキドキしたり顔が赤くなったり、声が震えたり、汗をかいたりなど、自分でコントロールできなくなります。
この時にゆっくりと深呼吸をすると、気分も落ち着いてきて、気持ちも楽になり、あがり症の対策法として効果的な克服法になります。
この時の呼吸法は腹式呼吸が最も効果的です。呼吸法の仕方は、口から息を吐きながらお腹をへこませます。息を全部吐ききったら、お腹を膨らませながら静かに鼻から息を吸います。身体から、また、頭の先からスーと楽な気分になり、徐々に気が落ち着いてきてあがり症の症状が緩和されます。
この時にさらに効果を上げる方法として、深呼吸をしているときに「落ち着け」と口に出すか心の中で思うことで、効果が上がります。深呼吸と同時に自己暗示を掛けるように、緊張をほぐすとあがっていた気が落ち着きます。
あがり症の克服法として深呼吸は簡単な方法ですが、腹式呼吸でゆっくりと深呼吸をするトレーニングを行うと、緊張していても効果的に緩和することが出来ます。トレーニングをしてマスターをすれば、その効果は十分に期待できます。
一度試してみて下さい。

スポンサードリンク