あがり症と思われる方が多くの人の前で、額の汗をハンカチで拭いながらスピーチしている姿はよく見られる光景です。
このような方も、あがり症で緊張して大量の汗をかく多汗症という症状です。
あがり症で多汗症になる方は多く、手の平(手掌多汗症)や顔(顔多汗症)、頭、ワキ、足の裏と身体のあらゆる所から汗が出てきます。特にワキからかく汗はニオイがひどくなりやすく、このような方はデオドラントグッズが手放せません。
夜間症は汗かきとは違い体質的なことではなく、あがり症になる状態の人前で話したり、人前で不安になったりしたときに、暑くもないのに急に汗が出てくる症状で、ひどい方は止めどなく汗が流れてきます。
多汗症は、汗かきと言われる身体的な原因でかく汗と、緊張などのストレスからかく汗の二つのタイプがあります。
あがり症で考えられる多汗症は、ストレスなど心理的な要因でかく汗の場合で、精神性発汗と言います。この精神性発汗は、あがり症のように緊張や不安で自律神経が刺激され、交換神経に影響して発汗します。つまり、交換神経が過剰に刺激されてバランスを崩し、大量の汗をかくようになります。
あがり症の方で多汗症の方は、緊張して汗をかかないように特に気を使いますが、これはかえって精神的な不安を増して発汗を酷くします。あがり症から来る多汗症の改善には、精神的な部分のコントロールで、簡単に言えば汗をかくことを気にしないことです。
汗をかくことにストレスを感じないように、スポーツで汗を流したり、アロマテラピーなどで気持ちをリラックスさせることです。
汗をかくことに対して気持ちが囚われないように、まずは気にしないことです。

スポンサードリンク