あがり症で見られる症状についてご紹介します。
あがり症で一番多くみられる症状は赤面症です。この赤面症は赤面恐怖症、赤面恐怖、赤面癖ともいい、人前で緊張すると顔や耳の辺りが赤くなる症状です。
赤面症で顔の辺りが赤くなる原因は、人前に立つと、その人から良くみられたいという欲求が強く出ることで、緊張することが原因と考えられています。
あがり症の方は、人から注目されることで落ち着かず、これが原因で顔が赤くなると思いがちですがそうではないようです。
赤面症の方が顔が赤くなる症状が強く出る場合は、自分にとって影響の強い方の前や、異性の方の前、尊敬する先輩や上司の前などで強く現れます。
赤面症になることは、以前に人前で赤面したことを他人に指摘されたことで、赤面症が発症することがあります。また、この指摘されたことがトラウマになり、症状がどんどんとひどくなり、ついにはあがり症になる方もいます。
さらに、人前で赤面することが、その相手に対して好意を持っていると誤解され、このことがその後不安になり、あがり症がさらに悪化するケースもあります。
あがり症はどんどんとエスカレートする傾向にあって、その症状もさまざまですが、まず一番目の対処方として、他人を過剰に意識しないこと、他人の事をあまり考えないこと、他人の前では緊張するのは当たり前だと気持ちを落ち着かせることです。
もし、あがり症で赤面症がひどく悩んでいるのならば、心療内科や精神科での診察を受けることをオススメします。

スポンサードリンク