あがり症は対人恐怖症の一つと考えられています。この対人恐怖症についてご紹介します。
あがり症に見られるような対人恐怖症は、人との関わりに対して起こる恐怖症で、人と会話をする接触を避けたり、人と逢うことに恐れを感じたり、時にはパニックになることがある恐怖症です。
日本人には「恥の文化」というものがあり、これは自分の行動が他人に迷惑を掛けていないかという考えです。あがり症が日本人に多いことには、このような文化と共に、日常生活の中で集団生活をする大勢の中の個人であることと、社会の中での上下関係が大切にされていることで、人それぞれの強調性が重んじられているからです。
自分のまわりの方と調和が取れないときに、失望感のような感じを受け、人とのコミュニケーションが取れないことに恐怖心を感じます。
西洋文化では個人や個性が重んじられ、他人方批判される以外に対人恐怖症はないと言われています。あがり症が日本人に多いことは、日本文化特有の象徴とも言えます。
対人恐怖症にはあがり症の他にもいろいろな症状がありますので紹介します。
対人恐怖症には、赤面症、視線恐怖、体臭恐怖症、多汗症、電話恐怖などがあり、一般に神経質な方がなりやすい傾向にあります。
ただ、あがり症になる時は、ほんのちょっとしたことがきっかけになり、大人になってから発症する方もいます。現在では対人恐怖症はれっきとした精神疾患と位置づけられていて、医療機関での治療も確立されていて、その治療法も格段に進化していて克服することも可能になっています。

スポンサードリンク