あがり症はたくさんの人の前に立つことで起こると考えられていますが、そのメカニズムについてご紹介します。

人前に出てあがるという原因は、横隔神経(おうかくしんけい)にあると言われます。横隔神経は、お腹にあるしゃっくりを起こす横隔膜を上下に動かす神経で、横隔膜と喉に連結しています。

この横隔神経はとても繊細な神経で、あがり症の方のように人前で心臓がドキドキするとたちまち敏感に反応し、とたんに働き始めます。

この心臓がドキドキする症状は、神経伝達物質のノルアドレナリンに関係していて、人前にで緊張するとノルアドレナリンは分泌され、交感神経が刺激を受けて心拍数があがり、汗をかくなどあがり症の症状が現れます。

横隔神経は不安や緊張で敏感に働き始めますので、人前に出ると慣れていないことから極度の不安になったり、あがることで起こす失敗に恐れて、自分に自信のないことに緊張して、あがり症になる方もいます。

あがり症にはいろいろな原因が考えられますが、あがり症を克服するには、自分は何が原因であがり症になっているのか、その原因を突き止めることが大切になります。あがり症で悩まれている方は、自分がどのようなときにあがり症になるのか、あがり症になる時にどのような事で緊張するのか良く考えてみましょう。
また、わかりにくい場合は専門家のカウンセリングであがり症克服法を見つけ、あがり症の改善に努めては如何でしょう。

スポンサードリンク