あがり症は多くの人の前に立つと緊張してしまい、行おうとしていることができなくなったり、話をしようとしていることが上手く話せなかったり、普段に出来ることが出来なくなってしまう
ことです。
誰でもたくさんの人の前では緊張するものですが、あがり症の方はその緊張の度合いがとても高く、落ち着いた行動が出来なくなることです。また、あがり症の方は、たくさんの人の前に出た瞬間に顔が赤くなってしまい、少し前まで考えていた自分の意見が伝えられず、今まで考えていた振る舞いが出来なくなることです。
日本人は潜在的にあがり症の方が多く、たくさんの人との前で誤解を与えていないか悩む方も多いようです。
あがり症の症状は、急激な緊張で頭に血が上り顔が赤くなる方や、話し声が急に小さくなる方や震えが来る方、また落ち着きがなくなる方など、その症状は個人差がありさまざまです。
あがり症を起こす原因は、たくさんの人前に出ることによる緊張なので、対人恐怖症の一つと考えます。
近年、あがり症は研究が進み、このメカニズムも解明して治療法も確立していますので、病院での治療やあがらないトレーニングも行っていますので、あがり症を克服することが出来ます。
あがり症で会議のプレゼンテーションも出来ない方や、就職活動で面接にあがり症で不安な方など、このような方のためにスピーチ教室も開かれています。
あがり症で悩まれている方は病院でカウンセリングを受け、治療法や対策を考えられては如何でしょう。

スポンサードリンク