あがり症の症状にはどのような症状があるでしょうか。あがり症の原因はさまざまで個人差があり、同様に症状も個人差があります。あがり症の症状についてご紹介します。
あがり症の最も代表的なものでは赤面することです。 人前で緊張して赤面することを気にされている方も多いでしょうが、特に赤面することを気にされる方では赤面恐怖症があります。
たくさんの人の前でスピーチやプレゼンテーションを行うと、緊張のあまり声がうわずったり震えたりする方がいますが、これもその症状です。
あがり症の症状には、汗をたくさんかく多汗症の方も多くみられます。
書痙(しょけい)という症状もあがり症の症状で、これは文字を書くことに緊張してしまうもので、いろいろな式での記帳に自分の名前が上手く書けないという症状です。
食事をするときにも人が見ていると気後れして食べられない、会食恐怖という症状があります。この症状は緊張で食べ物が喉を通らず食事が楽しめないという症状です。これは人に食べ物を口に運ぶ所を見られたくないという緊張です。
この他のあがり症の症状では、落ち着きがなくなることや、尿意や便意を催すことや、動悸がして気分が悪くなることや、話すときにどもることがあります。
あがり症にはいろいろな症状があり、原因の違いで症状にも違ってきます。あがり症の方はその症状が出ているときは、自分の状態がわからないことがありますので、克服するためにもどのような状態だったのか、他の方に聞くことも大切です。

スポンサードリンク